開発事例 採用情報
             
TOP → サポート技術情報  
 

IGESとは

IGESとは、Initial Graphics Exchange Specificationの略で、一般的にCAD間のデータ変換用のデータフォーマット です。


  • CADデータ交換のANSI規格(Y14.26)
    Solidを除く幾何形状全般に適して、3次元データの変換では一番多く用されています。
  • IGESファイルにはバージョンがあり、5.2以上で正式に日本語(2バイト文字をサポート)をサポートしています。 但し、これ以前のバージョンでも、各CADベンダー毎に異なったネイティブなフォーマットルールを作成し、 日本語をサポートしているものもあります。
  • 日本自動車工業会では、このIGESフォーマットを元にJAMA-IGESを作成しています。
  • 1レコード=80バイトの固定長で、作成されるASCII形式のファイルフォーマットです。
  • IGESファイルは、5つのセクションで構成されています。      
    • スタートセクション…ファイルのコメントを記述するところ
    •      
    • グローバルセクション…ファイル名や単位系など全体に関連する情報定義
    •      
    • ディレクトリ・エントリーセクション…各要素のインデックッス定義
    •      
    • パラメータ・データセクション…各要素の座標値などのデータ定義
    •      
    • ターミネートセクション…各セクションのデータカウントを定義

<IGESデータ例>


 
  Copyright(C) ASA SYSTEMS INC.All Rights Reserved.